エレベーターの安全に必要なメンテナンス|点検プロフェッショナル

男の人

安全性と安さ

エレベーター

エレベーターのメンテナンスを行なっている業者はさまざまいますが、大別するとメーカー系と独立系の2種類に分けられます。メーカー系とは、エレベーターメーカーのメンテナンス部門や、直系列メンテナンス専門業者のことを言います。自主系列の機種だけをメンテナンスするので、保守点検料は割高に設定されています。メーカー系の場合、自社メーカーの機種以外のエレベーターをメンテナンスすることはできません。対して独立系とは、エレベーターのメンテナンスを専門に行なっている業者のことです。エレベーターを製造しているメーカーではなく、メンテナンスが専業で経費負担が少ないため、保守点検料は安めに設定されています。また、幅広いメーカーのエレベーターのメンテナンスに対応しています。業者によってそれぞれ特徴は異なりますが、選ぶときは安心感を重視するか、安さを重視するか考えると良いでしょう。メーカー系は、そのメーカーのプロが、メンテナンスをしてくれるのでとても安心感があります。独立系は、料金が安いので費用を抑えたいというときにとても助かります。独立系の業者は、メンテナンス技術が低いと思っている方もいますが、元々はエレベーター会社の下請け業者だったり、メーカー系を退職した技術者が在籍していたりするので技術に大きな差はないです。一括見積もりサービスを利用すれば、さまざまな業者の料金がわかりますし、第3者の目線でアドバイスをもらうことができます。業者選びで悩んでいる場合は、電話やメールで相談してみると良いでしょう。

定期検査との違い

外観

エレベーターの安全を確保する点検として、定期検査と保守点検があります。2つ混合されがちですが、それぞれ内容は異なるので確認しておいたほうが良いです。保守点検を行なえば、大きなトラブルを未然に防げます。

詳細

フルメンテナンスとPOG

模型

エレベーターの保守契約を行なう際は、マンションの状況に合った方法を選ぶことが大切です。割高に感じるフルメンテナンス契約も、状況によってコストパフォーマンスが高くなることもあるのです。

詳細

優良業者を簡単に探す

集合住宅

エレベーターの点検をしっかり行ないたいなら、優良業者を利用すべきです。悪徳業者に依頼してしまうと、損することしかありません。一括見積もりサイトを利用すれば、安い料金で契約できますし、簡単に優良業者を探せます。

詳細