フルメンテナンスとPOG|エレベーターの安全に必要なメンテナンス|点検プロフェッショナル

エレベーターの安全に必要なメンテナンス|点検プロフェッショナル

男女

フルメンテナンスとPOG

模型

エレベーターの保守契約には、フルメンテナンス契約とPOG契約の2種類があります。フルメンテナンス契約とは、名前の通り全てのメンテンスを任せるという契約です。故障しているときや、部品交換が必要になったときは、全て業者側が行なってくれます。そのため自分で見積もりや契約、支払いをする手間が省けるのです。楽にメンテンスをしたいという方にはぴったりな契約内容です。基本的にフルメンテナンス契約では、部品代や修理代は多く見込んで計算していますが、交換や修理が無くても精算されないので費用は高くついてしまいます。管理会社や管理業務にマンションメンテンスを委託する場合は、フルメンテナンス契約を行なうのが一般的です。それに対してPOG契約とは、定期点検や管理仕様範囲内の消耗品の交換だけの契約です。そのため、それ以外の部品の取替や修理は別途料金が発生するのです。フルメンテナンス契約よりも範囲が狭いので、契約料金は安いのですが、契約内容以外の交換や修理が多いと費用は高くなってしまいます。このようにエレベーターの保守契約は、フルメンテナンスとPOGでは大きな違いがあるのです。

エレベーターの保守契約を行なう際は、マンションの状況を考えた上で、フルメンテナンスにするかPOGにするか選んだほうが良いです。日本のエレベーターは品質が高いので、新築マンションのエレベーターがすぐに故障したり、部品交換が必要になったりすることはほとんどありません。そのため新築マンションが、フルメンテナンス契約を行なうと、割高に感じてしまいます。ただ、築年数が長い中古マンションだと、交換や修理が多くなるので、POG契約のほうが費用が高くなってしまうケースが多いのです。