定期検査との違い|エレベーターの安全に必要なメンテナンス|点検プロフェッショナル

エレベーターの安全に必要なメンテナンス|点検プロフェッショナル

男女

定期検査との違い

外観

エレベーターがあれば、高層階のマンションでも楽に移動できるので、非常に便利です。いつまでも安全に使うためにも、エレベーターは定期検査と保守点検を行なう必要があります。定期検査とは、一級建築士や二級建築士または昇降機等検査員が、半年~1年ごとに国土交通省が定める基準に適合しているかどうか調べる検査のことです。それに対して保守点検とは、専門技術者が月1ヶ月以内に、エレベーターに異常がないかどうか調べるというものです。安全を確かめるという意味では、両方とも同じ意味があるのですが、作業者や点検するペースは変わってくるのです。

エレベーターの保守点検を行なう最大のメリットは、事故を防止できることです。エレベーターは、人を乗せて移動しているので、不具合やトラブルが発生すると命に関わる事故に発展しかねません。電気系統が故障すると閉じ込め事故になってしまいますし、巻上機ブレーキ制御が故障すると転倒事故になる可能性があります。月1ペースで点検を行なうことで、事故が起きる前に、故障やトラブルを直せるのです。定期的な点検を怠ってしまうと、部品の寿命がどんどん短くなっていき、通常よりも早く交換しなければならないというデメリットもあります。部品の劣化が早くなり、費用もかかってしまうので経済的な面にも影響があるのです。このように保守点検の必要性は高いので、安全性や経済的な面で考えても、しっかり行なっておきましょう。